えんくるり事業

生計困難者に対する相談支援事業(えんくるり事業)とは

 家庭機能の変容や地域のつながりの希薄化、雇用形態の多様化にともない、様々な「生活のしづらさ」を抱えているにも関わらず、制度に結びついていない、あるいは、制度の狭間にあって、必要な支援を受けられない方がいるなど、地域における福祉課題・生活課題が深刻化しています。

このような課題に対応するため、鳥取県内の複数の社会福祉法人が連携し、支援を必要とする方をトータルで支える仕組みを創り、総合相談・支援体制をより充実させて、自立支援を行う「生計困難者に対する相談支援事業(愛称:えんくるり事業)」を実施することといたしました。

えんくるり事業は、社会福祉法人の責務として求められる「地域における公益的な取組」として実施します。

本事業を通じ、誰もが住み慣れた地域で、その人らしく自立した生活を送ることができる「ふだんのくらし」を支援する取り組みを推進していきます。

八頭町社会福祉協議会はこの趣旨に賛同し、えんくるり事業に参加いたします。