ボランティアセンター

最新のお知らせ

ボランティアセンターからの最新のお知らせ・ボランティア募集はこちらまで

ボランティア募集

ボランティアセンターとは

 八頭町ボランティアセンターは「地域住民のボランティア活動に関する理解と関心を深めると共に、その育成援助とボランティア活動推進を図ること」を目的として、平成206月に設置されました。「ボランティアしてみたい!」「参加してみたい!」「ボランティアさんに手伝ってもらいたい!」と思っておられる方の相談窓口として、みなさまの「ボランティア」活動をお手伝いします。

ボランティアセンターのお仕事

【相談・登録・紹介】
「ボランティアをやってみたいけどどうしたらいいかわからない・・・」「ボランティアさんに手伝って欲しいんだけど、どこに相談したらいいんだろう・・・」などボランティア活動を始めたい人と、ボランティアを必要とする人(施設)をコーディネートします。ボランティア登録をしてくださった方には、情報提供や講座のご案内をさせていただきます。また、安心して活動ができるよう、ボランティア保険の手続き等も行います。


【広報・啓発・情報提供】
ボランティア広報誌「ボラズバッ!」を年3回発行し、ボランティア活動の啓発、地元ボランティアさんの活動紹介、ボランティア募集情報などを掲載しています。
また、ボランティアアドバイザーを設置し、身近な相談役として情報提供などもしていただいています。
「ボラズバッ!」の閲覧・ダウンロードはこちらから 
 
【講座・研修会の開催】
ボランティアの養成、育成を図るため、各種ボランティア講座や研修会を開催しています。また、体験学習の教材として、車イスや高齢者疑似体験セットなどの貸出もしています。


【調査・研究】
ボランティア活動に関する調査や研究等を行っています。

ボランティアって?

ボランティアって、何も特別なことではなく、

  自分の身近なところで
    自分のできることを
      自分のできる範囲で
        自分のできる時間を使って
          自主的に行うことです。


― ボランティア活動“大切にしたい10の心がけ” ―
1.自分に合った、自分の身近なことから始めましょう。
  
(できることから始めよう)
2.相手の気持ちを大切にしましょう。
  
(相手の立場に立って考え、行動しよう)
3.無理をしないで続けましょう。
  
(無理なときは、はっきり断る勇気も必要)
4.約束・秘密を守りましょう。
  
(相手との信頼関係を確立するために)
5.活動にけじめをつけましょう。
  
(相手との話合いのうえ、けじめをつけて活動)
6.まわりの理解と協力を得ておきましょう。
  
(活動は、家族、同僚の協力があってこそ)
7.学習を大切にしましょう。
  
(一人よがりの活動にならないよう、たえず学習しよう)
8.謙虚でありましょう。
  
(善意の押しつけは禁物です)
9.社会資源の活用、他のグループ・関係機関と連携をとりましょう。
  
(連携をとり、有効に活用しよう)
10.安全対策に充分配慮しましょう。
  
(万一の場合に備え、ボランティア活動保険に加入)

まさかの事故に備えて「ボランティア活動保険」

活動中の事故やケガに備え、安心して活動していただくために「ボランティア活動保険」加入の手続きをします。お申込み、お問合せは、八頭町ボランティアセンターまで。